日本東洋医学系物理療法学会とは

日本東洋医学系物理療法学会は、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師が生涯研修、研究発表を行い、免許者の資質向上に寄与するため1975年2月14日に設立されました。

1976年、記念すべき第一回学術大会を開催して以来、業友の日頃の研究成果の発表の場として機能を果たして参りました。また、公益財団法人東洋療法研修試験財団の生涯研修会の関係学会の一つとしてはり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の資質向上に寄与しております。

2010年には、一般社団法人の法人格を取得し、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の研究、研修、学術交流の場として新たにスタートをいたしました。特にあん摩マッサージ指圧に関わる研究発表の場はほとんどない現状では、我が国で唯一の研究発表の場と言っても過言ではないでしょう。

理事一同、鍼灸マッサージの学術的向上を目指して活動を進めております。会員、入会ご希望の皆々様には、是非ご参加下さいますよう、お願い申し上げます。