最新情報

第45回 日本東洋医学系物理療法学会学術大会 参加早期登録受付中( 2月15日まで)

早期登録締め切り日:2月15日(火) *2月16日以降は通常登録となります。

第45回の学術大会の早期登録を受け付けています。早期登録の受け付け締め切りは2月15日です。早期登録の場合は、2月16日以降は通常登録となります。早期登録と通常登録では参加費が異なります。早期登録をぜひご活用下さい。

【参加費】

早期登録(R.2.2.15 まで) 正会員:8,000円  一般(非会員):10,000円  学生:4,000円

・通常登録(R.2.2.16 以降) 正会員:10,000円  一般(非会員):12,000円  学生:5,000円

【懇親会】 5,000円 (*すべての参加区分共通)

詳しくは、大会参加申込要項・参加費をご覧下さい。

申込要項・参加費


第45回 日本東洋医学系物理療法学会学術大会・総会

テーマ 軟部組織障害に対する鍼灸手技療法の最前線

―肩関節周囲炎の臨床とスポーツ障害予防研究、最近の進歩―
会 期:令和2年3月7日(土)・8日(日)
会 場:国立大学法人 筑波大学 東京キャンパス 文京校舎
〒112-0012 東京都文京区大塚 3-29-1
大会長:緒方 昭広 (筑波大学 教授)
学術大会URL:http://jsop.info/wp2018/?page_id=13


学術大会開催のご案内

 第45回学術大会では、「軟部組織障害に対する鍼灸手技療法の最前線 ―肩関節周囲炎の臨床とスポーツ障害予防研究、最近の進歩―」をテーマに開催します。特別講演では、「スポーツ障害予防研究、最近の進歩」について、教育講演では、肩関節周囲炎の臨床についてご呈示頂きます。シンポジウム・実技セッションでは、臨床分野から効果の実際について講演と実技の供覧を行います。一般演題の発表も予定しています。学術大会への参加が皆様にとって日常臨床に大いに役立てて頂ければ幸いと考えています。多くの先生方の積極的なご参加を心よりお待ちしています。