学術大会

一般社団法人 日本東洋医学系物理療法学会 第44回学術大会・総会 大会要項

会 期:平成31年3月9日(土),10日(日)
テーマ: 変形性膝関節症の病態と治療戦略
― 鍼通電療法・手技療法・関節モビリゼーションの実際 ―
 会 場:国立大学法人 筑波大学 東京キャンパス 文京校舎 (茗荷谷)
〒112-0012 東京都文京区大塚 3-29-1
大会長:緒方 昭広 (筑波大学 教授)

■第44回学術大会について

 第44回学術大会では、「変形性膝関節症の病態と治療戦略 ― 鍼通電療法・手技療法・関節モビリゼーションの実際 ―」をテーマに開催します。特別講演では、変形性膝関節症の病態や医療の最近の進歩について、教育講演では、変形性膝関節症に対する鍼灸手技療法の最新の情報についてご呈示頂きます。シンポジウム・実技セッションでは、臨床分野から効果の実際について講演と実技の供覧を行います。また、スキルアップ講座では、運動器疼痛を有する高齢者への認知行動療法について講演いただきます。一般演題の発表も予定しています。学術大会への参加が皆様にとって日常臨床に大いに役立てて頂ければ幸いと考えています。多くの先生方の積極的なご参加を心よりお待ちしています。

 

■プログラム

大会1日目:3月9日(土)


12:00~    受付
12:30~13:00 開会式

13:00~14:00 教育講演
講師:山口智先生 埼玉医科大学 東洋医学科 講師
「変形性膝関節症の病態からみた鍼灸手技療法」

14:15~16:00 シンポジウム
「変形性膝関節症に対する治療の最前線」
シンポジウム1(鍼通電)
徳竹忠司先生 筑波大学理療科教員養成施設講師
シンポジウム2(手技療法)
藤井亮輔 先生 筑波技術大学 教授
シンポジウム3(運動療法)
譲矢正二 先生 わしみや治療院 院長

16:15~17:30 実技セッション 鍼通電及びモビリゼーション

18:00~ 懇親会

大会2日目:3月12日(日)


9:00~12:00 一般演題

12:00~12:30 総会 総会

12:30~13:30   休憩

13:30~14:30   特別講演
講師:田中伸哉先生 埼玉医科大学整形外科准教授
「変形性膝関節症の病態と治療戦略、最近の進歩」

14:45~15:45   スキルアップ講座
講師:岡浩一朗先生 早稲田大学スポーツ科学部教授
「運動器疼痛を有する高齢者への認知行動療法の応用」

15:45~16:00 閉会式

※時間配分に若干の変更が生じる場合があります